プログラミング検定

プログラミング検定概要

レベル 時間(分) 問題数 範囲 点数配分 合格点
1 2 3 4 5 6 7 8 9 70
初級(Primary) 90 6 1-6 15 15 15 15 20 20 70
エキスパート(Expert) 120 8 1-10 10 10 10 10 10 15 15 20 70
マスター(Master ) 120 9 1-12 10 10 10 10 10 10 10 15 15 70

プログラミング検定の取り組み

日本技能検定協会のプログラミング検定はPythonの学習者向けに作られた検定であり、この試験は台湾とアメリカの大学教授に委託し、問題作成を行っています。試験を通じ、学習者の学習状況を評価します。
Python検定は基礎レベルとエキスパートレベルの2種類の試験に分けられ、その中でもエキスパート資格を持つ場合、Python教育への従事または情報工学関連の学科へ留学を申請する際に有力な証明として見なされます。

試験内容

日本技能検定協会のpython検定は台湾とアメリカの大学教授よって共同作成されたもので、より多くのpython言語に精通する人材を育成し、日本全国民にpythonを普及させることを目的としている。検定は初級(Primary)、エキスパート(Expert)、マスター(Master)に分けられる。エキスパート(Expert)の資格取得後は、台湾の情報工学または情報管理学科への申請に役立つ他、講師としてのpython能力を認められる。マスター(Master)の資格を取得した場合は、プログラマーとしての職務能力があるとみなされる。

試験ルール

試験は全て演習問題で、必ず制限時間内にパソコン上で正確なコードを入力しなければならない。
初級(Primary)は全6問で、第1問から第4問までは各15点、第5問と第6問は各20点である。;
エキスパート(Expert)は全8問で、第5問までは各10点、第6問と第7問は各15点、最後の1問は20点である。;
マスター(Master)は全9問で、第7問目までは各10点、第8問と第9問は各15点である。
3種全て100点満点とし、成績が70点以上で合格とする。合格者には協会より証書を授与する。

試験対策に関するサポート

模擬問題や過去問題をはじめ苦手部分の克服を目指し万全な検定対策ができるよう目指しています。Python検定に興味がある場合は、最新情報にご注意ください。
^